TOP > 研修医・医学生の皆さんへ > 当教室での臨床研修について

研修医・医学生の皆さんへ

当教室での臨床研修についてCLINICALL TRAINING

1. メッセージ

当教室は全身を診れるバランスの取れた内科医を育てるとともに、世界を目指せる研究者としても活躍できる人材育成をモットーとしています。誠実とチャレンジを合い言葉に、やる気が最大限発揮できる研修環境を提供します。

2. 診療スタイルと研修の特色

血液・内分泌代謝内科学では、血液および内分泌疾患全般と糖尿病代謝疾患を中心とした内科疾患を広く診療をしております。これらの疾患の診療では患者の全身を臓器横断的に診て病態を評価することが必要です。「全身を診る」という診療スタイルは、第一内科時代からの当教室の伝統ですが、高齢化が進む中で患者の抱える複数の健康問題に対応する診療姿勢が一層必要になっております。当教室では関連病院と連携し、この診療スタイルを堅持し、総合内科的な診療技能と病態を広く深く考える力を身につけ、専門診療に結びつける指導をしています。大学病院と地域の第一線の関連病院をローテートし救急を含む広範囲の内科臨床研修を受け、subspecialty を持ちかつ内科全般に対応できる判断能力とそれを実行する技術を身につけて頂くことを目標とした後期臨床研修カリキュラム・内科専門研修プログラムを用意しています。

研究・大学院

3. 研修の概要、取得できる専門医

研究・大学院

4. 研修関連病院一覧(学会認定の有無)

研究・大学院

5. 研究・大学院

研究・大学院 血液、内分泌、糖尿病の各研究室ともに基礎的ならびに臨床的研究を行っています。具体的な研究内容に関しては下記の項を参考にしてください。各研究室とも博士号を持ったスタッフが直接実験手技や研究の進め方の指導を行います。研究室ごとに論文の抄読会や実験のトラブルシューティング、あるいは研究方法を決定するミーティングを週1回程度行っており、活発な議論が交わされています。さらに、これとは別に教授指導の研究カンファレンスがあり、ここでも活発なディスカッションを行い、研究方針を決定します。大学院生は、希望に応じて半日パートや当直などを手配します。また、 海外からの留学生の受け入れ、英語での発表やコミュニケーションの向上にも努めています。

6. 研究内容

研究・大学院 血液、内分泌・代謝の各研究室でそれぞれ独自性の高い研究を推進するとともに、広い視野をもった若手研究者が育つ環境を作るため、蔵本地区の他学部、分野との共同研究の推進し、他分野との融合により一方向からだけではアプローチできなかった研究領域を開拓しています。



研究・大学院 血液研究室の研究は、自らの臨床の実践の過程で残された疑問や臨床課題から端を発しており、自由な発想と新しいものの見方で多面的な角度から探究し、最終的には診断、治療の進歩につながることを目指したものです。当研究室は国内有数の多発性骨髄腫の基礎および臨床研究施設として認知されています。骨髄腫骨病変の形成や薬剤耐性をもたらす骨髄腫細胞と骨髄微小環境との相互作用、癌幹細胞などの基礎検討を続けており、この研究過程で見出した新規治療標的に対して検討を加えています。新規薬の候補として見出した骨病変の回復作用を備えたユニークな抗腫瘍薬としてPim阻害薬やTAK‐1阻害薬、また当科で作成した複数の新規抗骨髄腫細胞特異的モノクローナル抗体などの臨床応用に向けた研究を進め、現在も尚治癒が望めない多発性骨髄腫などの造血器腫瘍に対する新規治療薬のシーズを幅広く開発しています。また、造血、骨形成などの再生・細胞治療、HLA の拘束性がなくより広くドナーソースが得られ、体外で増幅出来る高い抗腫瘍活性を発揮する Th1様 γδT 細胞などを用いた免疫療法の開発も進め、輸血、再生、細胞治療領域の研究も発展させています。

研究・大学院 内分泌・代謝研究室では、骨代謝グループにて骨粗鬆症や代謝性骨疾患、カルシウム・リン代謝異常症 の病態解明や治療法の開発を目指し、遺伝子改変動物を用いた基礎的検討や病態予知マーカー探索などの臨床研究を行っています。心血管内分泌グループでは、心血管リモデリングおよび血管新生 制御因子の分子生物学的解析を研究テーマとしており、ノックアウトマウスなどの遺伝子改変動物を用いて、アンジオテンシンⅡ負荷モデルや下肢虚血モデルの作成解析を行っています。糖尿病研究室では糖尿病臨床・研究開発センターと連携し、糖代謝およびインスリン抵抗性制御因子の臨床的疫学調査、糖尿病モデル動物を用いた病態解析および新規治療法解析につながる基礎研究を展開中です。また骨髄前駆細胞からの骨あるいは脂肪への分化制御機構、血管リモデリングに及ぼす作用機序の解明などを通じて、各グループは連携をはかり抗加齢医学ともいうべき境地を切り開いています。

7. 国内外への臨床・研究留学

4年目以降の各段階において国内外への臨床・研究留学が可能。いずれの段階においても個人の希望を考慮し調整しています。

8. 最近の留学実績

研究・大学院